樹氷とは

純氷とは

時間をかけてさらに美しく、余分なものがなにもない純氷が誕生します

アイス缶に入れた原水は、撹拌しながら-10℃で丹念に凍らせます。

48時間かけてゆっくりと凍らせることにより、原水の中に含まれている空気やわずかに残った不純物が排出されていきます。

これは、自然界で氷が出来る過程とよく似ています「海水から出来る流氷」や「土中の水分から成る霜柱」などと同じように、時間をかけて余分なものを含まない氷が生まれるのです。

純氷は冷蔵庫や製氷機でできる白く濁った氷とは違い、カルキなどの不純物を含んでいません。その為、透明度が高く、軟水になっているので、雑味がなく、お酒やカキ氷等の本来の味を壊しません。

また、家庭の冷蔵庫や全自動製氷機と比べて、溶けにくい特徴をもちます。

純氷の写真1

純氷ができるまで

1.
水道水をろ過し、不純物を取り除き、且つ水の分子を細かくし純水とします。
2.
-8~-10℃の低温で、2時間かけ原水をエアーで撹拌しながら凍らせます。
3.
固くて溶けにくい、水晶のような透明度の高い氷です。

なぜ透明なのか?

家庭用冷蔵庫で作った氷が白くなるのは、立方体の6面の表面が同時に凍り始めるため、水に含まれる空気が氷の中に閉じ込められるためです。

製氷工場では、立方体の5面から氷の結晶を成長させていくため、氷の中に空気が閉じ込められることがなく、透明になります。

純氷の写真2

なぜ硬く溶けにくいのか?

急速に水を冷却して凍らせた氷は、空気の含有量が多く柔らかい氷となります。

できるだけ時間をかけて凍らせることにより、空気の含有量の少ない大きな結晶の硬い氷ができあがります。

また、氷の結晶密度も高くなるために、溶けにくくなります。

純氷の写真3

純氷の衛生面

■厳しい検査を通過して純氷は生まれます

全国の製氷会社は、同様の検査が義務づけられております。厳しいチェックを受けた水だけが純氷になれるのです。

純氷の原料となる原水、そして出来上がった純氷は、法令に基づき定期的に検査を行っています。

ここに掲載しているのは原水の検査結果を示した成績書。 原水はさまざまな検査項目によって、厳しくチェックされていることがわかります。

時間をかけ、そして最大限の注意を払いながらできあがった純氷。衛生面や品質面への配慮は、純氷がお客様のもとに運ばれるまで怠ることはありません。

余分な味もにおいもない、氷屋の氷「純氷」をこれからもよろしくおねがいします。

■水質検査成績書

⇒水質検査成績書 pdf icon

■放射性物質検査成績書

⇒放射性物質検査成績書 pdf icon